需要と供給のバランスは大切です。
これは頭では理解していても「バランス」が難しく
得てして「アンバランス」なのが世の常です。

まずは定義から
需要:求めること、購入しようとする欲求
供給:与えること、販売するために商品を市場に出すこと

欲する人がいて、与える人がいる
このバランスが保たれて市場が成り立つ
片方のバランスが崩れると過剰や不足状況になる。

これをベースに
世の中に様々な商品、サービスが溢れ
「アンバランス」な状況になっているのが現場です。

アンバランスで顕著なのは人材確保です
特に忙しい業界ほど人手不足は深刻です(猫の手も借りたい)
本当に人はいないのか?働き手は不足なのか?

必要とする人が足らない、人はいるが希望する仕事が無い
これは「アンバランス」というより「アンマッチ」です。

そんな中、とある知り合いの方との相談の中
今、行政主導で進めている「多様化した働き方」の一つ「テレワーク」

テレワークとは
勤労形態の一種ICTを活用し時間や制約を受けずに柔軟に働く形態

テレワークという第三極の働き方
少しずつ話題にはなっており、希望も多いようです。
この働き方「テレワーク」を「供給」と捉えた特

「需要(お仕事を依頼したい)」はどの位いるのだろうか?
「需要と供給のバランス」はあっているのだろうか?

テレワークの供給側はある一定数の希望者はいるでしょう。
しかし需要側(お仕事依頼側)はまだまだ限定的な気がします。

「アンバランス、アンマッチ」状態かと

弊社のお客様(中小企業)を例に取ると恒久的な人員不足
この「需要」にテレワークとしての「供給」で応えられないか?

「バランス、マッチング」が実現出来れば
現場の問題に真っ向から向き合えると感じます。

キーワードは「需要側業務の細分化」

総務テックの出番です

Sponsored Link