先日のブログ
生活インフラコスト削減計画 「自宅の固定回線編」
一つ大事な報告が抜けていました。

知り合いにも楽天モバイルの固定回線化を勧めて
順調に使っていると思いきや
「しばらく使っていたら急に速度が遅くなった」
との一報が

「アレやっちゃった💦重要な事を伝えていませんでした」
と言う重要な事(情報)を共有しておきます。

専門用語も入り難しい説明で恐縮ですが一応備忘録として

無線電波の中には様々な規格が有り多くの電波帯信号が飛び交わしております。
詳細は省きますが、テレビラジオ信号、BS信号、携帯信号などをイメージして下さい。
その中でモバイル通信の信号帯も各メーカーが許可制で利用しています。

もちろんドコモ、au、ソフトバンクなどは協力電波帯を抑えて広域通信を可能にしていますが
後発の楽天は現在進行形で電波帯の全国制覇をしている最中です。
そんな中でまだ楽天専用回線が使えない地域は
先の3大キャリアの電波帯を使わせていただき
いわゆる「パートナー回線(au)」を使わせていただき

楽天回線が可能な地域は「楽天専用回線(バンド3)」を使用して
通信制限を無しで提供をしているのが現状です。

今回の話に戻します。
今回の知り合い(私も含め)の地域は楽天回線が利用可能な地域なのに
何故か「パートナー回線」を掴んでしまい、通信制限が出てしまいました。

これはこのような事が原因です。
楽天モバイルSimはデフォルトでは自然に強い電波を探して接続するため
3大キャリアの電波を掴んでしまい「パートナー回線(au)」になってしまいます。

これでは楽天モバイルの通信無制限の恩恵が受けられないために
今回の症状になってしまいます。
そこで行う事は「通信回線の固定化(バンド固定)」
ひと手間が必要と言う大切な事です。

これは大事な事ですが、マニュアルには書いていません。
何故だろう?この使用方法が特殊なのか?わかりませんが

そこでお役に立つのがGoogle先生やYouTube師匠です。
「楽天 バンド固定 〇〇」 ※〇〇部はモバイルルーター製品名
これで調べると色々と出てきます
助かりますよね。

ちょっとひと手間がかかりますが
「パートナー回線」から「楽天回線」に固定化して
快適生活を送って下さい。

何?自分でやるのが面倒だとww
頑張って一歩進めて下さい。

Sponsored Link