小学生の将来なりたい職業上位に「Youtuber」
単に見るだけなら楽しそうで、一部では大金を稼いでいる人もいますからね。

私自身もかなりのYoutubeヘビーユーザーです

一時期のYoutubeの内容も少しずつ変化してきています。

ある時期までは

「テレビ等のマスメディアでは実現できない新たな自己表現メディア」
「テレビ業界を崩壊させる新メディア」

はやし立てられ
「芸能人でなくても個人が発信出来る」とか
スポンサーが無い分「自由な発想での自己表現の場」と言われてきましたが

最近の傾向として

「自由な個性的な自己表現」の場だったものが
「芸能人の表現の場」「誇張表現のサムネ画像とキャッチコピー」
「短い時間で学ぶビジネス書籍解説」

「有名人、誇張表現、流行りを追う」
この様な感じでテレビと同じ様になってきています。

表現者も「本来の楽しい事を表現」と言うより
「広告収入を増やすための人気取り表現」になってきています。

これはこれで仕方ない事ですが、そろそろ次の第三極が現れてきそうな予感です。

次は何が来るのかな?もうしばらくはYoutubeは進みそうですが・・・

Sponsored Link