昨今、特に大手企業メーカーでは
45歳を基準に「大リストラ」の流れが止まりません。

45歳以上は会社では役に立たないのか?

この判断は非常に難しいです。
実際の所は「役に立たない」のでは無く
同じ仕事をする、若年世代と比較すると「給与」が高いと言うの本音です。

同じ仕事が出来る人材であれば、当然ですが固定費が低い方が会社に取っては大きいです。

では、45歳以上の方で仕事が出系る優秀な方はどうなのか?
ここはいくつかに分かれます。

ある方は
・会社の危険が迫った状況をいち早くキャッチし転職活動や起業準備を始めます。
・後は管理職として管理側に回りリストラ面接をする方に回ります。

ここからは実際の大手企業の本音の所です。
本来なら会社に取って優秀な人を人を残し
残念な人は年齢に関係なくリストラ行うのが本筋ではありますが。

45歳の年齢制限を決めてリストラをするには訳があります。

それは社内の労働組合との関係です。
会社理由での人選リストラは法律的にも、組合的に容認できない内容です。
正式な解雇理由が無い限り社員の立場は守られています。

特に大手メーカーは顕著です。
そうなると基本的には会社理由で個人選別は出来ずに
「年齢一律」しかも「早期定年退職勧告」という奥の手を使う事になります。
奥の手の中には大企業なりの優遇措置と言うニンジンをぶら下げて

「早期割増退職金」と「就職先斡旋」です。
この先、残っても不遇な扱いを受けるのであれば「割増退職金」を頂き
次を考えよう・・・

この様な流れです。

Sponsored Link