以前、ここで
「古いノートPCの起動時間のストレス解放にSSD化対応は精神衛生的効果抜群」

SSD化以降快適な生活をして行く中、少し欲が出て次のカイゼンをして見たくなり。

CPUの発熱が酷く冷却ファンの吹き出し口付近(左手側)が低温やけどする位な感じだったので

冷却ファンと、CPUの接続部のグリスアップを行ない少しでも熱交換効率を上げたいと考え
ネットで探しだし果敢に調整しました。

先ずはAmazonで「ナノダイヤモンドグリス」をポチ

・精密ドライバーを準備して
・iPadでネット情報準備
・ネジが多いので間違えないようにA4用紙レイアウト位置に外したネジ配置

細かなネジに手汗かきかき、悪戦苦闘しながら
約30個のネジを外します。

キーボードも丁寧に・・・アレアレ
かなり頑丈な両面テープで固定してある。

中々取れずに、定規を使いこそぎ取るようにキーボードを外します。
この際、少し強引に外したのでキーボードが少し歪んでしまいました。(ミスその1)

外したキーボードのフラットケーブルを本体から外します。

そうして、いざ本体を半分にパカッと外し、基板をむき出しにします・・・
しかし、一本のネジがナットに食い込んで外れません(外し難いように樹脂が塗ってある)

もう、ここで少し焦っています。
ドライバーサイズ変えたり、ニッパーで挟んだりしながら
(この際に指先は既に血だらけです)

苦闘する事数十分、かなり諦めモードです。
ネジ山も数々の戦いで崩れて来ています。

心も折れて、改造計画を断念です。(購入済のグリスも無駄になり)

残念ながら、現状復帰の戻し作業です。

ここで、かなり飽きて焦っている状況
キーボード自体も凸凹になっているので・・・

そんでもって、キーボードのフラットコネクターが上手くハマらず
ガシガシねじ込みます。(ミスその2)

全てのネジをはめ込んで、ドキドキしながら電源ON

どうにか起動し「安心」現状復帰

と思いきや

 

 

キーボードの「S」とコピペの「Ctrl」-「v」が効かない。
もうツモりました、完全な負け試合です。

再度開封して直す気力も起きません。

取りあえずは外付けキーボードで対応して当面はしのぎます。

その他は動くので、持ち運び専門にします。

結局買い替えると言うオチになりました。

教訓
「ハード廻りには素人が手を出すべきでは無い」
「Let’sノートは頑丈で防水用シールもガッチリしてあるので分解が困難」
「失敗を恐れず挑戦しろ みたいな言葉を鵜呑みにしてはいけない」ww

Sponsored Link