まちの総務企画を実現するにあたり
お客様イメージ(ペルソナ)も意識しております。

今回のターゲットとしては地域の中小企業と位置付けております。
中小企業と言っても様々ですが、先ずは聖域無く共感を得られる企業さまからです。

お客様イメージは

経営者と総務担当者です
小規模事業者の場合、経営者の独断は早いです
中堅クラスになると直接経営者と言うより担当者の判断が大きいです。

もう少し細く細分化して

経営者にも様々な想いの方がいらっしゃいます。
・コスト重視型と先行投資で後回収型
・デジタル志向とその逆

担当者もそれぞれです
・現状維持派と改革派(革新)
・きっちり派とめんどくさがり派
・協調性があるか単独派か

理想としましては

経営者:新しいことに前向きで、目先のコストでは無く費用対効果の投資を考える方
担当者:仕事を一人で抱えずに、絶えず合理化意識が強い方、柔軟な方

先ずはこのような方と繋がり『まちの総務』のモデルケースを作っていきたいです。
形や事例が出来て、自社メリットが感じられれば横展開は早いと思います。
この辺の費用対効果やコスト削減見える化も交えて進めていきたいと思います。

お力を貸して下さい。

Sponsored Link