IT化の流れで、企業のデジタル化が進んで久しいが
今やデジタルツールやシステムが無くてはならない時代になってきている。

デジタル化は一つのインフラと進化を進めてきている。
そんな中での「コロナ騒動」

大手、中小関係なくデジタル化の力量で格差が出て来ている。

元々、デジタル化の進んでいない企業は別にしても
古い仕組み(基幹システム)を使い込んでいる企業は新たな変化には対応できない状況になっている。

対応策はあるのか?

・基幹システムを今から再構築する余裕はない
・何から手を付ければ良いかわからない

この辺の対応策として
最も有効な手段は「SaaS」と言う仕組みの検討である。

SaaSとはSoftware as a Serviceの略
必要な機能を必要な分だけサービスとして利用できるようにしたソフトウェア(クラウドソフト)もしくはその提供形態のこと。

例をあげると、専用システムとして構築、導入するのではなく、
機能単位に絞った仕組みを、格安の月額課金(サブスクモデル)で導入するイメージです。

バックオフィス系業務:勤怠管理、経費精算、会計、法務

今までは、大きな基幹システム(オフコン、C/S)として運用し
莫大なシステム投資と運用コストをかけ動かしていた

時代が変わり、ハードも老朽化、PCのバージョンも影響
再構築するにも費用が出せない・・・ よって古いシステムを使い続ける

この様な会社の救世主になると予想します。

大きな仕組みは不要です、必要な項目を切り出した仕組みを入替て行き
数珠つなぎに並べて行くイメージです。

次回はこの「SaaS」の仕組みの導入方法に関して考えます

Sponsored Link