前回はグループウエア検討中の企業様の
一歩踏み出せない経営者向けにズバッとお答えしましたが
今回は一歩踏み出しを決めた段での具体的お悩み

グループウエアの「製品選定編」です。

グループウエアでググりますと玉石混交状態で
すごい数の製品が出て来ます。
実際問題、基本機能は大差無く差別化要素が値段になる部分です

これもあくまでも個人的見解ですが(を前置きとして)

「メジャー製品を選んでおけば問題無いです」

これは重要な要素で多くの人(企業)に選ばれていると言うことは
フィードバックも早く、事例もたくさんあり
もちろん関連情報も溢れており、他機能(他社製品)連携も優れています。

後は好みや近くに実績(相談出来る方)があるかが大きな判断になると思いますが
簡単にサイボウズオフィスとMicrosoftOffice 365、G Suite
あたりで比較検討してみます。

個人的にはGSuiteあたりが汎用的でお勧めですが
ほとんどの企業はofficeツールにMicrosoft製品を使っているのでここでは除外
(G SuiteはGoogleスプレットシートやドキュメントを推奨しているため)

MicrosoftOffice 365とサイボウズあたりが対抗馬になるかと

*その他製品は大差無いのでここではパス
この2製品の成長の歴史が異なります。

言わずと知れたサイボウズ

この分野の老舗企業です、グループウエアに特化して
いち早くクラウド対応して他社連携も強いです。

Office製品の雄、MicrosoftOffice 363

こちらはExcel、Wordをベースにした情報共有をベースに成長した
グループウエア(もどき)でして、印象的にはクラウド移行段階の必然性で
グループウエアに進化したイメージ。

そのような時代背景と歴史的に判断して見ると
中小企業では「サイボウズ」をお勧めします。

もう一つサイボウズを推す理由

中小企業向けのPCツール群として
・OAソフトウエアはMS-Office
・連携用グループウエアはサイボウズ

がベストと言うよりも無難な判断になると思います。

次に重要となるのが、ユーザースキルの進化の過程で成長出来る仕組みです。

①PCをデータ管理用としてMS-Officeツール群を使う
サイボウズで作成した情報を共有したり、社内情報を集めて効率化
次に進めたくなるのがシステム間連携です、その際に出てくるのが
③連携ツールのキントーンorRPAツールです

人の欲はつきません。
最後はシステム化(アプリオリジナル開発)ですが
ここは専門知識が必要です。
しかし、出来るところまでは自身の力で実現したくなりますよね
③まで進んだ段階で初めて合理化とかDX議論が出てきます。

この前段階として②のステップ段階がグループウエア導入になります。
多くの会社が同じ悩みで、同じ思いで検討して
最後に選ばれたのがこれらの商品です。

それなりに長く売れているのには理由があります。
今更やるかやらないかで悩むことなく
サクッと導入して使い方の方で悩みましょう

ここまでの内容で、一歩進む勇気が出ましたか?
次は導入までのストーリーを考察してみます。

Sponsored Link