教育プラットフォームに関して
旧来式の日本方式「LMS」方式ではなく
グローバルマーケットの流れとなっている「マイクロラーニング」方式を
採用していく方向に決定しました。

「マイクロラーニング」ツールの選定になります。

様々な教育プラットフォームツールが世界中で販売しております。
まだまだ、日本国内では限定的です。
そんな中、ある方を通じて製品の紹介と日本代理店の紹介を受けました。

その製品が「アグゾノファイ」と言う製品になります。
アグゾノファイ https://axonify.com/
カナダに本社を構える、教育系のベンチャー企業です。
顧客には欧米の名だたる企業が利用しているそうです。
「Walmart」「Levis」「Grab」

この製品の導入を日本代理店の方と詰めております。
プラットフォームは決定いたしました。

でもでも・・・です。

教育プラットフォームはあくまでも教育の手段です。
これをしっかり理解(メリットデメリット)して、目的に近づけないといけません。

目的とは
・ターゲットユーザーへの訴求と評価導入
・ターゲットユーザーへの教育プログラムの準備

ココが一番重要ですが・・・卵が先か鶏が先かの議論になりますが
先ずは欧米スタイルから学んで行こうと思います。

Sponsored Link