先日、SNS自体を「意味が分からない、利用価値が無い」
断罪している方達とお話をする機会が有り興味深かった。

私自身は「積極派」なので肯定ですが
「否定派」のご意見はこうです

・他人のことなんてどうでもいい
・何故、自身のプライベートを明かさねばならないの?
・面倒

こんな感じでした。
どちらかと言うと「使ってみて」の判断では無く
初めから「使わない」と言う頑な判断のようです。
「何故?」「便利で楽しいのに」なんて言葉は響きません。

スマホは使っているようです。
身近な人とのコミュニケーション用に「Line」は使っています。
Youtubeも検索も行うので「情弱」ではありません。

ただ単に、情報収集「INPUT」はするけど情報発信「OUTPUT」はしません。
この様なスタンスです。

返報性の法則に関してもあまり興味は無さそうですww

では、私自身は何故SNS好きなのか?
始まりは本でした。

旅が好きな事もあり、本の選択も旅関係が多く
その後ネット上の旅ブログを見るようになり

旅ブログで行先を決めたり、現地の情報を集めたりしてきた。
SNSで背中を推してもらったり、コアな情報に助けてもらったりした。

そんなこんなで次は「誰かに背中を推して頂いた」次は「私が推す番」
別に強制された訳でも無く単なる「返報性の法則」です

そんなこんなで旅ブログが最初でした。
ブログを書くと反応があり、見ず知らずの人からコメントが来て
同じ趣味で繋がった感が何とも心地よかったのを覚えています。
まさに狭い世界しか見てこなかった人の文明開化の感覚でした。

そこが原点。

右がいれば左がいて、好きがいれば嫌いがいる
これは正常な姿ではある

ただ残念なのは、触らずに毛嫌いだけで本質の魅力や内容を知らずに
頑なになる事は自身の視野を狭くするだけなのでもったいないと感じます。

お互いに頑固にならずに柔軟なスタンスで行きましょう。

Sponsored Link