コロナ騒動の中、暗中模索が続いております。
この様な機会に、多くの経営者様とお話する機会が有り

その中で共通する事は
一般の方が陥る「不安と葛藤」とは少し趣が違うと言う印象です。

今回のコロナ騒動では世界中の方が将来不安を抱いております。
特に今まであまり大きな危機を乗り越えていない方は
最も大きな「不安」に駆られているかと想像できます。

そんな中で、経営者お方とお話するなかで
ある一定の「開き直り不安」と言うのが見えてきました。

これは一般論(私の狭い人間関係での例ですが)
多くの経営者は今回のような危機は幾度となく経験しております。

事業のための借金を抱え(二代目は先代の借金を背負って事業継承)
常に銀行と従業員の狭間に立って、安心していられるときは殆どなく
常に胃痛と戦う日々を過ごし

バブル崩壊やリーマンを経験してきた中で
今回の件は「自分ではどうにも出来ない危機」
と意外にも開き直って、助成金や借入金の申請を淡々としている印象です。

ここ数ヵ月の不安では無く、数十年の累積不安を重ねる中で肝が据わってきている様子です。

多分この辺の開き直りが、一般の方々(サラリーマンその他)とは違う感じです。

この経験の差は大きく
危機経験の少ない方々はニュースやSNSで煽られ
「将来不安とストレス」は計り知れないと思います。

かくいう私はリーマン以降に起業した口なので、大不況の経験はないですが
それでも毎月の資金繰りや諸々、不安や葛藤で胃痛の無い日はありません。

そんな事もあり、今回の騒動を受けての今は
「なんくるないさ」の心境です。

今は出来るだけ、行政や政府に助けていただき
来るべき時のために自身を高めパワーアップの時と考えております。

元気に前を向いていきましょう。

Sponsored Link