Clubhouseが話題になっている背景はここで解説しました。

しかし、「音声のSNS」でしょ、他にも同様のアプリがあるよね?
その中でなぜ「Clubhouse」なの?を考察してみます。

なぜここまで「Clubhouse」が話題になっているか?

これは間違いなく、研究つくされた「絶妙なプロモーションの妙」です

私の例をお話しします。

ブログを趣味にしている私は、比較的情報感度は高い方と自負しています。
アンテナビンビンンに張り巡ぐらせて、ネタやワードに飛びつきます。

そんな私がSNSサイトを見ている中
とあるインフルエンサーの方のツイートで
「Clubhouse ベンチャー界隈で盛り上がっている音声版のTwitter」
これは気にならないはずがないですよね・・

内容よりも信頼のおける(忖度無し)尊敬するこの方が言っているから
もう勝手に盛り上がっています。
試して見たくてしょうがありません。

早速アプリをダウンロード・・・・

夜中にユーザー登録していざ・・・「as sonn as」???
一向に先に進む気配がない。
そうなんです、ここが「絶妙なプロモーションの妙」招待制と言うワードです。
色々と調べると「2名までの招待制」と言うではありませんか?

おいおい、誰か招待してよww

友人も少ない私は孤独感にさいなまれます。
招待権利がメルカリで販売されているではないですか?
エセインフルエンサーや意識高い系おじさんを刺激するのは
絶好の「プロモーション」です。
幸い翌日に身内から招待していただきどうにか

「エセインフルエンサーの仲間入り」です。

早速使ってみたが、内容なんてどうでも良いですww
なんとなく「Clubhouseコミュニティー」に入れただけで満足です
これが私の顛末ですが、同じような境遇の方もいるかと思います。

しかし、これで終わり(満足)するような
意識高い系に憧れるおじさんではありません。

もう少し深堀して「プロモーション作り」を分析します。
グダグダ前置きが長くなったので次回に「プロモーション作りの分析」に続きます。

Sponsored Link