独りよがりのブログを毎日投稿しております。
今までに様々なブログプラットフォームに約3000以上記事は書いております。

仕事?と言うより活字オタクの趣味です。
最初は旅の備忘録から始めたブログですが、そこから今に至ります。

巷ではブログビジネスとかSNSビジネスと騒ぎ立てますが
本当にお金になっているのは一握りの方々です。

私自身はブログの収益と言うよりは、ブログで繋がったお仕事
と言う言い方が良いのかと思います。

どんなビジネスに繋がったのかは別の機会に譲り
今回は、ブログネタの反応についてです。

ビジネスブログは一定のファン層があります。
特にSNS(Facebook、Twitter)嫌いで発信はしないが、情報収集はします。
と言う「ROM専」と言われる層

SNS発信をしない層は主に
・同僚に自身を探られるのが嫌なサラリーマン
・SNSを禁止されている行政の方や銀行マン

その方々はブログのチェックはして頂いております。
ありがとうございます、何かの参考になれば幸いです・・

私自身もネット屋の端くれ、単なるブログ記事投稿だけでなく
どんな記事が反応が良いか?どんな記事を求めているか?
この辺の分析もしております。

反応分析の結論

【反応が薄い内容】
・渾身のネタ(思い入れの強い内容)は反応が薄い
これは是非皆さんに見て頂き共感を得たい内容で力を込めた力作
自己満の記事は総じて反応が薄いです。

【反応が良い内容}
・ライトな記事内容です。
当たり障りないと言えば不平もありますが
ライトでカジュアルな内容は流し読みに最適なのか、PVが増えます。
・表題を長くキャッチーにした場合はPVが増えます。
これは何となく理解出来ますよね。興味をそそるキャッチコピーですから

では私自身はどちらの方向に進むのか?
冒頭にお話した通り単なる「活字オタク」です。

PV増加はもちろんモチベーションにはなりますが
あまり一喜一憂しないようにしています。(言ってる段階でかなり意識はしてますがww)

思い入れの強い内容を淡々と述べて、狭い領域でのマニアックなユーザー様との
繋がりを重要視して行きたいと思います。

ご愛顧頂けると幸いです。

Sponsored Link