サラリーマンは毎日忙しく業務を行っています。
日々の業務に忙殺され改善意欲も減退し、目の前の業務を淡々とこなすだけ。

心当たり無いですか?

言い尽くされた言葉ですが「心を亡くすで忙しいと書きます」

基本サラリーマン(特に事務職系)は目の前の業務をこなすのが仕事です。
言われた事、教わった事を従順にこなし、時間が足らなければ残業で補填
この繰り返しの中で、クリエイティブな発想を失いかけています。

それに増して
「あれも、これも・・大至急と他者からの矢のような催促
「効率上げるためにRPA検討しなさい」と経営者からの無茶ぶり

多くの企業関係者からのあるあるです。

この環境を打破するためには?

この改善を目指して沸騰ワードになっているのが「RPA」です。

RPAとは「Robotic Process Automation」の略語で、
PC上で行われる業務プロセスを人に代わり自動化する技術です。

しかし、中小企業には費用的にも敷居が高く、自社内で分析するのも困難です。

そんな中

企業の経営者や担当が必要としているのは「RPA」では無く「AmazonEcho」です。

「アレクサ♪出張のチケットと宿予約して」
「アレクサ♪このデータ入力して」
「アレクサ♪この伝票送って」

「AmazonEcho」に匹敵する、業務請負会社とのマッチング端末です。

ここを取りに行きますww

Sponsored Link