第四次産業革命についてTwitterのつぶやきから紐解いてみます。

この様に多岐に渡り「繋がる」と言うキーワードからの概念のために
第四次産業革命と定義して語るのは難しい。
あくまでも AI、IoT、ビッグデータ、クラウド、フィンテック等は革命に繋がる手段にしかならない。

今見えている所や事例については第四次産業革命の恩恵では有ると思うが、あくまでも今までの経験の中での「カイゼン」の域を出ていないですね。
今、現在事例として語られる事は「カイゼン」、未来について「カイゼン」で語られることが「改革」に繋がると確信。
やはり、インパクトとしては「FinTech」無しでは考えられないでしょうね。
企業決済がリアルタイムになる事であらゆる産業が改革できるでしょうね。
そのためには技術的ツールだけでは無く、様々な標準化(コード体系)を含んだ国家施策や考え方(頭の中)の転換が必要。
ここまで考えるともう少し時間がかかりそう。

その時には、現金と言う価値が無くなり(ビットコイン)、サイト決済と言う価値も無くなり(リアルタイム決済)
FAX伝票と言う価値も無くなり(WebEDI)、年度会計処理と言う価値も無くなる可能性が有りますね。
ここまで進むと「改革」で数十年後に「昔はそうだったのか?」と言う時代になりますね。

改革の時代背景をまとめて見ると

#第1次産業革命 は機械化が進み効率化開始
#第2次産業革命 は効率化を受けての大量生産の時代
#第3次産業革命 はコンピュータで自動化の時代
#第4次産業革命 でデータ活用の時代
#第5次産業革命 で生体管理まで進化(スマートセル)

どうなる事やら、時代の目撃者になりましょう。

Sponsored Link