今から20年位前頃からISO規格の取得ブームが有り
先ずは、大手メーカーが取得、その後中小企業にまでブームが広がり

何時しか取得が手段となり、ISO認定自体が特別なもの(アドバンテージ)としての位置付けが弱まってきた感が有る今日この頃・・

ISO規格とは、スイスのジュネーブに本部を置く非政府機関 International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称です。ISOの主な活動は国際的に通用する規格を制定することであり、ISOが制定した規格をISO規格といいます。ISO規格は、国際的な取引をスムーズにするために、何らかの製品やサービスに関して「世界中で同じ品質、同じレベルのものを提供できるようにしましょう」という国際的な基準であり、制定や改訂は日本を含む世界165ヵ国(2014年現在)の参加国の投票によって決まります。

主なISO規格
品質マネジメント規格:ISO9001
環境マネジメント規格:ISO14001
自動車関連規格:ISO/TS 16949

ISO規格のメリットとしては今の産業界の発展の礎となって来た事に異論はない。
作業の標準化が進み、効率化と言う意味や属人化と言う意味では進歩して来たはずで有る。

しかし、様々な弊害やデメリットも見えて来ている。
形骸化によるマンネリ、取得維持費用の費用対効果、取得のためのお仕事・・

大手企業は別にしても、中小企業がISO規格に求める意義は何なのか?

最近特にお客様からはISOの意義についてのお話を伺う機会が増えて来た。

今、まさに次のステージに進もうとしているのか?

この辺は不明ですが
ISO規格の取得ブームは終演の時期を迎えていると思います。

そこで、持論も含めて

ISO取得企業が次の改定時に廃止検討をする場合の進め方を・・・

考え方としては2種類有ります。

ネガティブ廃止:形骸化、無意味、取得維持費用の削減
ポジティブ廃止:自社にノウハウが残ったのでルールに基づき自社管理に移行

多くの経営者の方は「ネガティブ廃止」の方向でお話をされます。
経費削減としては良いとは思いますが、折角の投資や自社の検討内容を含めゼロにするのはもったいないと考えます。
改めて新規取得するには今以上の手間が必要になります。

私的意見としては「ポジティブ廃止」を推奨します。
前向きなスタンスとして「自社内ISO規格準拠はするが第三者認定を廃止する」
この様なスタンスが良いと考えます。

ルール、規定マニュアル、体制はそのまま維持して。
チェックシートを基に内部監査で自社の品質レベルの維持向上を目指します。

とは言っても自社内チェックですので、第三者チェックよりも甘く緩くなるのが懸念です。
エビデンスも内部チェックなので、いかようにも改ざん出来、忖度も可能です。

この部分をしっかりと担保するのです。

その方法は、自社の管理基準マニュアルをHPで公開し
チェックシートと内部監査内容を全て表に出すのです。

その際は良いも悪いも包み隠さず。
むしろ悪い点を明確にして、改善内容を明記しスケジュール化し、その過程も公開します。

HPで外部公開をする事で、第三者の目とするのです。

これには、かなりの勇気が必要かと思いますが。
これらを積極的に開示する事で、認証としてルール改定を進めるのです。

トヨタ自動車さん辺りはISO規格より厳しい自主規格を持って品質保証では無く高品質な製品保証の方向に進んでいます。

この様な舵取りの時期に近付いてきているのかなあ・・と感じます。

単なる技術自慢や製品自慢のHPではなく
自社防衛型HP作成の相談にも乗らせて頂きます。