この様にBlog発信を続けていると

意外な所からお声かけを頂き機会が増えて来ます。

その中でも多いのが「情報感度の高い方」です。

この様な方は情報感度もさることながら積極的でフットワークも軽やかです。

情報感度も高い事も有り、色々な情報を持っています。

お会いしてお話を伺う事も多いので、凄く技術論や未来の話で盛り上がります。

ここからは自戒の念を込めてですが・・・
情報感度の高い方の多くは「技術屋」さん思考の方が多いです。

世の中の課題を解決するための技術に対しては強い関心を持って

将来必ず役に分野の情報収集に余念が無いです。

しかし、しかしです。

その多くが時代を少し・・と言うかかなり先取りしています。

時代を先取りと言うと聞こえは良いですが。

マーケットが無いとか成熟していない分野と言う事です。

夢を語るだけなら楽しいですが、実現するためには

資金面&マーケティングの考えが大きく欠如しています。

 

技術論は皆さん熱く語りますが、そこ止まりの案件が多いです。

特に日本は実績の無い物にはお金は出せません・・当然ですよね。

 

今から20年位前にもこんな事例が有りました。

カード式の非接触無線タグ(RFID:非接触ICカード)

有名な所では「Suica」とか「楽天Edy」です。

当時はこの様な製品は無かったですが、要素技術は既に有り

この研究をしている仲間がいました。

この技術は世界を変えるwと豪語して熱く語っていました。

国内の大手にプレゼンを行うも「けんもほろろ」状態。

その方は韓国に伝手も有ったので

韓国のベンチャーと試作品を作っていました。

当時、新しい物は様子見、実績が出て来ると採用・・・と言うのが国内の風潮

韓国や台湾等はベンチャー精神が豊富であたらいい物に飛び付く

と言うイメージでした。

その後、資金面で行き詰ったようでした

が・・個人で進めるには早すぎましたね。
この技術がそのまま現在の「Suica」とかに使われている訳では無いですが・・

既に原型試作モデルは作っていた訳です。(世界中には他にもいたでしょうが)

技術論が無いと未来は描けませんが、技術論だけでは食べていけません。

やはり大切なのは「資金力とマーケティング力」

そこでもっと大切なのは「時流に乗れるか」「機が熟しているか」
色々なアイディアを持っている「情報感度の高い方」と

お話をするたびに過去の事を思い出します。