IoT言う言葉が「バズワード」では有ります。

「IoTケーススタディ研究会」を発足させてお客様とのコミュニケーションから得た情報を元に考察してみます。

IoTの話題自体がマニアックネタで万人受けしないですがw
もう少し突っ込んで通信部分のネタに付いて現場の対応から・・

センサー等をIoT機器に繋いでインターネットにてデータを収集する仕組みが「IoT」と言う仕組みと言う事はわかりますよね。

センサー情報を収集するとは言っても、実際は常に監視している訳では無く
良いさじ加減で、1回/10分とかタイムインターバルを設けて設定しています。

これは、情報収集ニーズによって異なりますが
過剰にデータ容量や通信トラフィックが増え無いように設定します。

それでも、基本は24時間365日常時監視するのがIoTの考えです。

日本の通信会社は非常に優秀なので、ネットワークトラブルは非常に少ないです。

しかし、たまに通信エラーの信号が出ます。(本当に、たまにです)
通信エラーが出ると、メールで通知とログを取る仕組みを入れて有るので
通知メールが飛んできます。

「通信エラー」・・・しかし、原因は不明です。
通信遅延が起きている感じです。

放置しておくと、元に戻り通常の動きをします。

複数回問い合わせて「反応なし」の場合エラー通知にしています
タイムアウト値も長くしたり短くしたり調整します。

これは実際に運用して見ないと解りません。

用途や通信回数によっても可変します。
デジタル機器を使用しながらも、アナログな対応です。

慎重になりすぎても「イソップのオオカミと少年」になってしまいますし。
本来の必要な時に通知が来ないと役しません。

本当に生命の危険や重要な部分に通信を使うにはもう少し工夫が必要です。
あくまでも、見守りサポート的な要素で実績を積みながらです。

 

Sponsored Link