第二新卒の求人マッチングの記事を書きましたが
もう少し掘り下げて見ます。

課題感

現在は企業の多くが人材不足でありながらも、なかなか良い人材が集まらない。
しかしながら、市場に目を向けると一定数の就職希望者、転職希望者がいますが
良い企業や自分に合う企業との出会いの機会が無い。
この様に需要と供給側のアンバランスが生じており、特に情報の少ない
地方都市ではこの問題も顕著です。

需要側と供給側のアンバランス

企業側の気持ち

  • 出来るだけ優秀な人材を募集したい。
  • 採用募集をかけてもなかなか人が集まらない。
  • 急な欠員や退職によって直ぐに人員が欲しい。

応募者の気持ち

  • そもそもの企業情報や就職先情報が少ない
  • 自信が無くて不安
  • 現状の会社で不満があり転職先を探している

就職も恋愛と一緒、出会いは一期一会で「縁とタイミング」であります。
ではこの縁とタイミングを何処でキャッチして呼び込むか?
こんな出会いをサポートさせて頂きます。

第二新卒とは、一般的に学校を卒業後、一度就職をしたが数年の内に離職し
転職活動をする若手求職者を指しますが特に厳格な定義はありません。
「本気で働きたい」「新たな新天地で」と言う気持ちが有ればそれを第二新卒と位置付けます。

第二新卒のターゲットの明確化

このサイトでは先ずは就職希望者の分けて整理します。
・転職を考えている(条件が合えば転職したい)
・都内で働いていたが訳あって地元に帰らなくてならない
・早期退職したが知識や経験を活かして再就職したい

サービスの特徴

人材サービスで培った多くの企業様との接点も多く、企業の求める「タイミング」情報の提供が可能です。
この「タイミング」の後について来るのが「縁」になります。
先ずは「タイミング」を逃さず「縁」を掴みとりましょう。

何から始めるか?

  1. 自己分析から始めましょう
  2. 自己分析情報を登録下さい
  3. 最適なマッチングをご提案

①自己分析から始めましょう

・「自分の強みを知ろう」と言うのは簡単ですが、これは意外に出来ていません。
是非ともこのYouTubeチャンネル「中田敦彦YouTube大学」を参考にして見て下さい。

②自己分析情報を登録下さい

①で分析した内容をご登録下さい、転職希望の方ももちろん秘密は厳守します。

③最適なマッチングをご提案

弊社のネットワークを駆使して企業様とのマッチングを提案いたします。

次回はここの「自己分析とか自己肯定感」についてもう少し掘り下げます。

ーPRー



Sponsored Link