システム開発の現場って分かり難いですよね。
システムを作って提供と言う漠然とは判るでしょうが
内容は以外にもブラックボックスで開発費用も曖昧で、髙いのか安いのか?
中小企業様の社内管理システムをモデルに開発現場を裏側からレポートして見ます。

お客さまから正式なシステム受注が入ったら

先ずは、契約的な覚書書類の準備です。

お互いが小商いの場合は「言った言わない」とか

良い加減で、良い塩梅で、柔軟に対応・・

有りがちですが、小さな会社だからこそ曖昧にせずに

ビジネスライクに進めるべきです。

良い関係を保つためにも、キチンとした大人の対応が末永くお付合いする秘訣です。

内容と濃さは、必要に応じてですが。
・システム開発業務請負基本契約
・ソフトウエア保守サービスに関する書類
・秘密保持契約(NDA)
・仕様(導入範囲の明確化、スケジュール等)
印紙が必要な場合もありますので、専門家に相談して下さい。

この辺の資料を準備して業務開始です。

過去にこの辺を曖昧にして、ズルズルと関係悪化したケース例です。

お客様のふんわりした要望に対して

こちらもシステム経験からの思い込みで

お互いが曖昧にスタートし出来上った段階でモヤモヤ。

原因としては、仕様を確認するが、お客様はシステム苦手意識が有り
文章の確認も行わないまま、要求すれば何とかソフトで何とかなるだろう

と仕様が一転二転してコミットせずに始めてしまったケースでした。

出来るだけ口約束では無く、文書化が結果的に良い方向に進みます。