興味深いお話です。

スマホやPCを核としたインターネットのテクノロジー進化は止みません。
これからの生活に益々密接にかかわるでしょう。
これは誰もが疑う事の無い事実です。

質問です。

「あなたの部下が会議中にスマホを見ていたら注意しますか?」

答えは自身の中に有ります。
ある人は
「スマホにメモしているのだろう」
「ゲームやっているのかな?会議に集中しろ」
「気になった言葉を検索しているのかな」

多分、様々と思います。
年代によっても違ってくるかもしれませんね。

スマホの台頭で民主化が進み、老若男女がスマホを携帯する時代
生活には浸透していますが

まだまだスマホはお仕事や教育の現場には浸透していませんよね。

遊びと仕事の境界線があいまい

会議中のメモ(手書き)は良いがスマホメモはダメ
会議にノートPC使用は良いがスマホはダメ
スマホは暇つぶしの延長
子どもには危険

これが俗に言う「第〇次産業革命」の渦中にある迷走期 かと

勝手な予測ですが
これからもっとテクノロジー進化でスマホに代わるガジェットも出てくるでしょう。
「会議中にスマホは禁止」
「仕事中のスマホは禁止」
「学校でのスマホは禁止」

分かりやすい所で、この辺の「禁止」が「解禁」になるでしょうね。
それがまさに「第〇次産業革命」たるゆえんなのかと

Sponsored Link