CommStepLLCはクリエイター、事業者を応援します。

~ 中高年も輝きを再燃し社会に恩返しを ~ 箱田講師

講師インタビュー

~ 中高年も輝きを再燃し社会に恩返しを ~ 箱田講師

司会:講師の人となりや経験談を色々と教えて頂ければと思います。

箱田:はい、よろしくお願い致します。

 

講師としての経歴を教えて下さい。?

アキレス(株)の監督者実践現場問題解決法の講師や群馬ものづくり改善インストラクタースクール講師(品質管理、VA/VE、現場改善)を経験させて頂きました。

 

以前はどの様なお仕事をしていたのですか

アキレス(株)でTQC推進、不良削減、品質保証体制の整備、管理者・監督者の教育を担当しておりました。

 

なぜ、講師と言う道を選ばれたのですか?

定年退職後に何か漠然と経験を活かし何か社会参加&貢献出来ないかとと考え、現役時に習得した品質管理の知識(問題解決法)等を活かすため、この経験を次世代に伝える講師として魅力を感じました。

 

講師になるためにどのような経緯で、どのような勉強をされましたか?

過去の経験や知識を棚卸をする意味でも、品質管理ベーシックコース受講(統計手法、問題解決法)、ISO9001審査員補取得を行い。

群馬ものづくり改善インストラクタースクール受講(IE手法等)して知識を体系的に学びました。

 

講師をする中でのやりがいは何ですか?

当然と言えば当然ですが、やはり指導した企業や受講者が成果を出し、継続して改善力を維持する事が講師冥利に尽きますね。

 

講師をする中でどのようなゴールを目指していますか?

受講生や経営層の考え方でゴールはそれぞれ違って来ますが、我々が共通の課題として目指すゴールは、教育した内容を習得すると共に改善力が向上して成果を出し続ける事・・個々のモチベーションを高め改善意欲を持てる環境作りが大切と思います。

 

今まで印象に残った企業さまや経営者を教えて下さい。

浜松の沢根スプリングの社長は戦略や経営方針や業務の役割等50ページ位の冊子を作成し、毎日朝礼で従業員が数項目を読み上げていた。S社は改善の教育に熱心である。

 

今までの経験を活かすために

同時期にインストラクタースクールが群馬県で開始となり自身も、モノづくりインストラクタースクールを受講し、退職後の選択肢にコーディネーターになるための専門家教育を開始しました。

 

講師経験の中でのネガティブな情報(後悔している事)も有りましたら教えて下さい。

改善チャレンジで指導した時に、現場の作業者の動作をビデオで取り工程分析してムダな動作を指摘したら反発されてしまった。改善の目的を十分に説明しなかったためである。

 

企業研修の講師と言う立場で、人材育成は今後どのようになって行くと良いと思いますか?

どの業種でも共通では有りますが、個々の人力(改善力)を付ける事(問題解決力を付ける)ここに尽きると思います。

この事はまさに人材=人財であると言う事です。

司会:少し離れますがグローバルな視点でのご意見を伺わせて下さい。

 

政府が進める「働き方改革」に付いて、個人的な見解を教えて下さい。

研究開発部門の技術者の活躍、中高年が働ける場ができる事、女性の活躍等期待している。

 

講師のお立場から、行政に期待する事は有りますか?

TQMの考え方を理解し活用して頂きたい。(現場主義等は普及したが)

 

ものづくり大国ニッポンは今後どのようになって行くと思いますか?どのようになれば良いと考えますか?

改めて自身の強みをしっかりと考えて、技術立国、得意な技術を伸ばす事が重要と考えます。

 

アジアや欧米諸国から見て日本の強み弱みは何ですか?

強み:現状では、まだ技術力が有ると考えます。

弱み:社員のハングリー精神が欠如している。

 

【最後に】

若い経営者にアドバイスが有ればお願い致します。

 ①本業の技術等を徹底的に掘り下げる事と隣接する分野に水平展開して新製品を出す事。

 ②業務の品質や生産性等の改善や改革を継続して企業を成長させて頂きたい。

 ①と②のためにまず勉強して頂きたい。

 

事務局に期待する事が有りましたら教えて下さい。

講師を企業は良く知らないので、大いに売り込んで頂きたい。

司会:大変ありがとうございました。

 

【編集後記】

鋭意執筆準備中!!

 

【プロフィール】

箱田 勝彦(所在地:伊勢崎市)
担当分野::品質管理・生産管理・環境管理分野
職歴:アキレス株式会社にて、研究開発部、TQC推進本部、品質管理部で開発、特許、品質管理、現場改善、ISO9001取得に従事
現職:群馬ものづくり改善インストラクター
専門分野
現場改善:QCストリー・七つ道具、工程分析活用による問題解決
・品質管理:不良削減・クレーム撲滅、品質保証体制の整備、製造物責任予防体制の整備、統計手法、実験計画法による品質改善
・生産管理:生産性向上(IE手法活用)、生産リードタイム短縮(段取り時間短縮)、5S改善
・経営改善:方針・目標管理、事業戦略(ISO9001活用)
・環境管理:省エネ、環境改善(ISO14001活用)

【資  格】
・ISO9001・14001 審査員補
・群馬ものづくり改善インストラクター
ミラサポ専門家(中小企業庁認定)
・群馬県環境GS 推進員

PAGETOP
Copyright © CommStepLLC All Rights Reserved.