CommStepLLCはクリエイター、事業者を応援します。

~ 伝えたいのは手法では無く「心」 ~ 小和田講師

講師インタビュー

~ 伝えたいのは手法では無く「心」 ~ 小和田講師

司会:自身の経歴を教えて頂けますか?
小和田:経歴の前に、ここに至るまでの過程のお話をしても良いですか?
司会:はい。

幼少期に見て来たものが今の自分を形成

実家が中小零細の会社をやっていまして、私の祖父が55歳で銀行退社してメッキ屋を起業しました。当時はアンテナのパイプメッキがメインでした。

その後、元銀行員の親父が跡を継ぎ、紆余曲折があり、メッキ屋稼業からスポット溶接屋の事業に方向展開して事業を継続していました。

そんな環境で育った私は、自然と親父の口から「トヨタのモノづくり現場の話」を聞くようになり、中小下請け会社のものづくりの大変さや面白さを体感する少年時代を過ごしました。

インタビューに応える小和田講師

社会人となって

その後、私はサンデンに入社しました。
新入社員当時はカーエアコンの開発を担当し、製品評価試験を任され、カーエアコンの省エネ技術を学びました。
その頃、カーエアコン用コンプレッサーの海外需要が増えて、特にヨーロッパ車のエアコン需要が増え、日本国向けに販売するヨーロッパ車用のカーエアコンの販売企画を担当しました。

当時の思い出として

とある海外の自動車メーカー(イギリス)へのエアコン納入業者が事業から手を引いて、代替ユニットの対応に追われたのですが、その指示がむちゃくちゃで「その納入会社が作っていたものと、同じモノを作れ」とのことでした。

通常は部品図面から起して組立部品を作り、組み立てて完成と言う段取りがセオリーであり、「ユニット外観図から製品を作りなさい」と言う指示は、会社全体が「ムリ」との見解でした。

しかし、絶対にやらなくてはならない空気に支配され、何故か私が担当になってしまった(笑)。

そんな時に、今までの大手の手法ではなく、柔軟な対応が出来る中小零細企業の存在を思いだし、厳しい要求スケジュールの中、親父の事業者コネクションからたどり着いた知り合いの企業の力を借りて、短期間で仕事を完成させました。

この様な柔軟な対応の出来る中小企業の技術力を目の当たりにし、これが今の自分を形成していると思います。
ものづくりの中小企業の状況を肌で感じられたことから、ものづくりの原点が現場に有ると再認識しています。

欧州営業拠点出向

その後、国外向けのコンプレッサーの営業としてイギリスに出向。
日本からヨーロッパの自動車のセールスエンジニアとしてコンプレッサー市場開拓を担当。
当時は、ヨーロッパ圏ではカーエアコン製造会社も少なく、製品もアメリカ製の大型コンプレッサーが主であったために、日本の小型コンプレッサーが人気ででした。

カイゼン意欲に目覚める

イギリス赴任後1年で現地の担当が退社し、それを機に販売管理を担当することになりました。
当時は、今ほど生産管理と言う概念も無く、余剰在庫が倉庫に山積み状態でした。
そのままの状態で引き継いだ私は、まずその部分の改善に着手しました。在庫管理の販売実績を調べて仕組みを学び、販売予測を導入して、適正在庫に調整する事が成功し、大量の在庫を削減する事ができました。

次に手を付けたのが、サンプル出荷品の日程管理でした。
この分野も、サンプル出荷品は技術屋部門の出来次第という程度で、日程管理と言う概念がありませんでした。

その後、都内の営業本部付けで帰任、技術部のお仕事の割り振りや品質管理を担当しました。
コンプレッサーのサンプル作成 多品種少量生産の経験をして行く中で、生産管理の日程調整から段取りを行い、生産性を3倍に改善し、今で言う5Sを現場の改善を進める中で自然に学び、基本を実践していきました。

技術本部長スタッフとして社内のリーダー研修の講師を担当しました。

コーディネーター業へのターニングポイント

そんな経験を買われて、文科省の産学連携のための地域研究開発促進拠点支援(RSP)事業の募集があり、サンデンから選ばれ、2003年から産業支援機構に出向し、製造部門の部品加工を担当しました。
RSP事業出向完了後、サポイン事業の共同組合の出向しました。

その頃から、「地域の企業さまのお役に立ちたい。自分でも何か出来そう。」こんな想いを持つようになりました。

今までの経験を活かすために

同時期にインストラクタースクールが群馬県で開始となり自身も、モノづくりインストラクタースクールを受講し、退職後の選択肢にコーディネーターになるための専門家教育を開始しました。

 

 

 

 

 

 

私が伝えたいこと

「トヨタ式改善の教科書」は、自身の経験とリンクしました。
手法では無く、心が重要。その心にあたる物を追求しています。

伝えたいのは手法では無く「心」

 

 

【編集後記】

今回のインタビューでは、『伝えたいのは手法では無く心。』と言う言葉ががキーワードとなりました。
最初は「心?」と漠然としていましたが、お話を伺って行く中で、普通の事を普通にする事も重要ですが、そこに何か一つでもアイディアであったり、疑問だったり、普通のことでも見方を変えることで、何か変化をもたらすことができ、それを実践し続ける事が重要である。
そういったことを、過去の経験を通じて伝えて行けたら、ということが「心」に響きました。

 

【プロフィール】

小和田 雅明(所在地:高崎市)
担当分野:生産管理・工程管理分野
職歴:旧サンデン㈱を定年退職
・自動車機器事業(カーエアコン開発・設計、欧州営業拠点出向、コンプレッサー技術顧客対応業務管理)
・技術本部(本部長スタッフ) ・県産業支援機構出向(産学連携促進) ・サポイン管理法人出向
現職:群馬ものづくり改善インストラクター
サポート分野
●企画(戦略)立案手法 : SWOT分析と意思決定までのプロセス
●多品種少量生産の計画と統制 :PDCAでとらえるものづくりの流れ(システム化を図る~その前に…)
●ものづくり現場改善全般 :町医者の視点で狙う「全体最適」

お気軽にお問い合わせください TEL 0276-55-6790 平日 10:00〜17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © CommStepLLC All Rights Reserved.