CommStepLLCはクリエイター、事業者を応援します。

CommDrive(トラック運行管理者アシスト)

各社大手メーカーが販売している「デジタコ 運行管理システム」の弱点を克服。

運行管理システムの弱点としますと、日報管理の充実ゆえ日をまたいだ管理が苦手です。

そんな時に活躍するのが、地域のシステム屋さんです。

大手が苦手とする「細かなニーズのフォロー」この部分をサポートします。

それが今回ご紹介させて頂きます。

CommDrive(トラック運行管理者アシスト)です。

前日の帰庫から翌日の出庫までの時間(休息時間管理)やシステム入力忘れによる距離の差異。現場では毎日、この部分をユーザー(運行管理者)が手作業で実施しております。これは細かな一例ですが、この様な管理は重要で業界の手間仕事あるあるです。まだまだ有りますが、安全啓蒙や燃費改善の指標としたい…

ワースト一覧から注意喚起したい、ベストドライバーには報奨したい。

こんな運行管理+@のニーズが多数有ります。

そんなニーズにお応えするのが弊社が作成しました

CommDrive(トラック運行管理者アシスト)です。

運送業界の動向

国土交通省による「運行記録計の義務付けの拡大」の指導のもとデジタコ連動の運行管理システムの導入が加速している。

デジタコの装着義務化
運転者台帳、点呼記録簿、運転日報などの保管義務期間

 【運転者台帳】保存期間:過去3年間分                        
【点呼記録簿】保存期間:過去1年間分                       
【乗務記録(運転日報)】保存期間:過去1年間分            
【運行記録計による記録・保存】保存期間:過去1年間分
【日常点検表】保存期間:過去1年間分                       

特に乗務記録(運転日報)は

●必要項目 運転者名、運転者の乗務に係る事業用自動車の自動車登録番号、乗務の開始と終了の地点、作成年月日、休憩または睡眠をした地点と日時、貨物の積載状況、諸々。

業務効率化にはシステムの力に頼らざる得ない状況です。

そこでシステム会社大手が運行管理システムを販売しトラック業界のIoTを牽引しています。

法律に則った運行管理システムになりますので行政への提出や記録系は非常に充実した素晴らしいシステムとなっています。

しかし、システム化の盲点と言うべき課題もあります。

大手のシステム会社が多くのユーザーを抱えるトラック業界顧客に販売するシステムですので汎用性が重要になります。

システムの目的は法律遵守のサポートになり目標達成がシステムの価値になります。そうなると、汎用化故の課題として、細かなユーザーニーズ…この部分の対応は優先順位が下がります。

確かにそうですよね、1000社のユーザーニーズを細かく取り込んでいたら汎用性が損なわれます。

そこが大手の汎用化システムの盲点になります。

そんな時に活躍するのが、地域のシステム屋さんです。

大手が苦手とする「細かなニーズのフォロー」この部分をサポートします。運行管理システムの弱点としますと、日報管理の充実ゆえ日をまたいだ管理が苦手です。

前日の帰庫から翌日の出庫までの時間(休息時間管理)やシステム入力忘れによる距離の差異現場では毎日、この部分をユーザー(運行管理者)が手作業で実施しております。

これは細かな一例ですが、この様な管理は重要で

業界の手間仕事あるあるです。

安全啓蒙や燃費改善の指標としたい…

ワースト一覧から注意喚起したい、ベストドライバーには報奨したい。

こんな運行管理+@のニーズが多数有ります。大手メーカーが開発したクラウド型運行監視システムにて収集した情報を自社専用DBにコピーし。自社オリジナルの「見える化」監視を実現可能にしました。

自社オリジナルDBですので、全体の仕組みに影響を与えずにオリジナル監視(参照)が可能になります。

弊社は工場系生産管理システム開発で培ったデータの可視化『見える化』ノウハウを活かし運行管理者の業務効率化サポートと経営者のニーズにお応えします。

是非ともお試し下さい。

導入のメリット

・ドライバーの運転特性確認が可能                              
・未然防止型の運転指導が可能                                    
・監視自動化による管理者の負担軽減                           
・日にちをまたいだ管理が可能 ・長期データの保存が可能

CommDrive(トラック運行管理者アシスト)』次の展開。

・運行監視を充実させます。                                                          
・大量の運行管理データ(ビッグデータ)解析、データマイニングを実施。

データマイニングの定義としては、「明示されておらず今まで知られていなかったが、役立つ可能性があり、かつ、自明でない情報をデータから抽出すること」、「データの巨大集合やデータベースから有用な情報を抽出する技術体系」などがある。 データマイニングは、通常はデータの解析に関する用語として用いられるが、人工知能という用語などと同様、包括的な用語であり、様々な文脈において多様な意味で用いられる。

運行監視システム概要

・監視画面                                                                
・データコピー機能(汎用化システムから自社DBへの変換)
・データ検索、出力機能                                               

現在対応中の運行管理システム
ISUZU社製『MIMAMORI』システム

先ずは問合せ下さい、、データ監視画面のデモをお送りさせて頂きます。

 

 

PAGETOP
Copyright © CommStepLLC All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.