1768fc00_s

IoT言う言葉が「バズワード」では有りますが、実際の動きは微動です。

中小企業の現場でお話を伺う所は「スマート工場やIoT」と言う言葉には魅力は感じるが、実際の自社に置換えると様子見と言うのが実情です。

「IoTケーススタディ研究会」を発足させてお客様とのコミュニケーションから得た情報を元に考察してみます。

運用業のお客様とのお話の中で「運送業のIoTの事例は?」
そんな会話が出るようになってきました。

この業界は、かなりの可能性を秘めています。
商通を抑えた者が全ての勝者になります・・・名言??迷言?

配送荷物にセンサーを取り付け温度やGPSで監視をする仕組みになります。

この業界は多くのIoT業者参入が見込まれます。
大手からベンチャーから、学生起業家から・・
もっと言うと海外の優秀なベンチャー・・・百花繚乱状態です。

導入に於けるキーワードは
・格安
・使い捨て(回収出来れば良いですが)
・バッテリー稼働
・小型

この辺の技術のしのぎ合いになるでしょうね。
小型化ものづくり日本が得意な分野です。(韓国も得意ですか・・)

有る方からのアドバイスでは「電池式のセンサーデータロガー」タイプの試作商品は有るようです。ネットに繋がずに、情報をメモリーにオフラインで溜めて回収後に状態を確認する

折角ですから、オフラインでは無くオンラインでモニターしたいですよね。

ケーススタディ
・冷凍のお魚がクール便で届きますが、どのような温度変化で届くのか
・荷物が割れていたり壊れている事は無いですか?衝撃センサーや加速度センサーで見守ります
・GPSを付けるとリアルの位置情報が把握出来ますよね。便利になりませんか?

将来的には個人宅配前荷物にIoTが付く時代はやって来るでしょうね。
その時には、カードタイプとか500円玉サイズとかで数百円位の使い捨てIoTモジュールになるのでしょう。

近未来的には、業務用が実現は近いです。
通箱的に定期便配送している業種であれば、多少のIoTモジュール金額で有っても、使いまわしが出来るのでコストペイは可能です。

IoTのハード的には技術革新や新興ベンチャー、半導体メーカーがIoTワンチップ化を生産して来るでしょうから、コスト面はクリアになると思います。

では、IoTで収集したビッグデータの活用方法です。

折角のビッグデータですから、単なる荷物の状態確認だけに使うのはもったいないです。

妄想して見ましょう。

Amazon商品に全てIoTモジュールが付いたとしましょう。
その商品の配送ルートを地図上にトレースするだけで、日本地図が完成すると思いませんか?

・何処で交通渋滞しているか荷物が教えてくれます。
・配送が何処で時間かかっているか?ボトルネックも教えてくれます。
・自然災害等が起きた場合は、違うルートにリアルに変更通達が可能です。
・利用者が荷物位置を確認出来るので再配送も不要になるかもです。
・IoTモジュールには固有IDが持てるので、宅配BOXのロック解除コードにも使用出来そう。

何かワクワクしませんか?

IoTモジュールは基本設計が出来れば、海外の工場で量産も始まります。
地方の工場会社に作って頂き新事業喚起しても良いと思います。

ソフト開発は弊社にお任せください。
IoTモジュールは格安通信料とセキュアな、さくらインターネットさんのIoTを使いましょう。

考えているだけで無くて、早く実行に移したいです。
仕組みや仕様、技術的には出来上っています。

後は、スポンサー企業の支援先です。

ぜひ、実現して商流を抑えましょう。
IoTの実現で「商流王」wになりましょう。