d5b13596c_s

IoTと言う言葉が「バズワード」では有りますが、実際の動きは微動です。

中小企業の現場でお話を伺う所は「スマート工場やIoT」と言う言葉には魅力は感じるが、実際の自社に置換えると様子見と言うのが実情です。

「IoTケーススタディ研究会」を発足させてお客様とのコミュニケーションから得た情報を元に考察してみます。

先日、友人の飲食店経営者から「飲食店とIoTは何か関係ある?」
との問いかけです。

一見関係は無さそうですが、実は違います。

むしろ、IoTとの親和性や具体的事例が多い業種かと思います。

但し、IoTと言う言い方をしていないので馴染が無いと言う事ですね。

気付かずに自然に使っている、こういうのが技術の進化です。

思いつくまでにいくつかの事例を

Case1:コールボタンIoT
ファミレスで席から、店員さんを呼ぶのに声掛けしていますか?
席に置いてある「コールボタン」を押していませんか?まさにこれも広義のIoTです。

Case2:メニューオーダーIoT
最近の居酒屋や廻り寿司でタブレットでメニューオーダーしていませんか?
オーダー人件費削減、メニュー間違い防止、オーダービッグデータ蓄積、会計の一括処理
すべてお客様が楽しみながらインプットしてくれますよね。
まさに、もののインターネット(IoT)です。

では、機械が集めたくれたオーダーメニューのビックデータ。
これが数年分蓄積出来たらどのような価値が産まれますか?

・季節ごとの売れ筋商品・不人気商品・お客様別の嗜好層別・発注材料費の適正化
・キャンペーン商品の動向・もしかしたらコック別に味が変わりオーダー数に変化が有るかも
・カワイイ定員さんの時は売り上げが変わるかも・お天気や気温合せるとメニュー構成が変わるかも

データが揃うと、アイディア次第でデータ分析が自由自在です。
何かワクワクしませんか?

これが、IoTがもたらす産業革命の第一歩と言うゆえんです。
データを蓄積して見える化する事で次につながります、ビッグデータはビジネスになります。

是非、事例を作りながら工場の改善を進めて見ませんか?

ご相談、お問合せお待ちしています。